ダイエット後の皮膚のたるみの原因と解消法
スポンサードリンク

ダイエット後の注意点

月経後はダイエットに好都合な時期





女性にはどうしても毎月辛い思いをする月経という生理現象がありますね。
しかもダイエット中だと言うのに月経前は浮腫んでしまったり、ダイエット効果が現れ難かったり
して散々ですよね。


しかし、意外や意外、月経中や月経後にダイエットすると効果的だということを、ご存知でしたか?
それは女性ホルモンと深い係わり合いがあるんです。


月経中や月経後というのは、卵胞ホルモンというホルモンが作用して、月経前のむくみも取れ
新陳代謝が良くなりダイエットにも最適な時期なんですよ。


しかも、この時期体脂肪の燃焼も盛んですし、体内の水分も落ちてきて、月経前のイライラの時期と
違い気分も前向きになれるので、是非月経中又は月経後のダイエットをお勧めします。

ダイエット後の注意点

禁煙後のダイエット方法





禁煙後に太ってしまう人って多いようですね、どうしても口寂しくて食べ物や飲み物などに手を出して
しまうからでしょうか。


従って、禁煙後のダイエットは摂取カロリーの制限による方法が良いのではないかと思います。
喫煙していた人に低カロリーダイエットとニコチンガムを試したところ、かなり成功率が高かったという
データもあります。口寂しい状態でニコチンガムは効果があるんだと思います。


また、その口寂しさから間食をする人も多いみたいですね。暇があるとつい手を出してしまうので
その時間を運動する習慣に変えましょう。
しかし、禁煙後すぐジョギングとかはきついので長く続かないことがあります。


禁煙後の運動してはストレッチやヨガなどゆっくりとした有酸素運動を取り入れることでダイエットすると
良いようです。

ダイエット後の注意点

ジム後の食事方法とダイエット





ジムで汗を流した後にお腹が好いた分、食事をしてしまってはダイエットに失敗するのは目に見えて
いますよね。
では、ジムなどの運動と食事はどういうタイミングでどうすればダイエットに向いているのでしょうか。


まず、ジムで運動をする前に軽くバナナなどで空腹を避けます。運動をすると身体のグリコーゲンが
消費され、グリコーゲンが足りなくなると脂肪の燃焼が始まります。


従って、ジムで運動した後は、炭水化物や脂質を含む食事をすると折角消費した脂肪などを再び
取り込んでしまうためダイエットには向いていません。


ジムで汗を流した後、ビールで一杯は大変美味しいですが、そこはグッと我慢して果物や高タンパクな
豆類や穀物などを摂取するように心掛けて、ダイエットを成功させましょう。

ダイエット後の注意点

閉経後のダイエット方法





女性が加齢で閉経してしまった後はどのようなダイエット方法がいいでしょう?
閉経後はどうしても、女性ホルモン特に卵胞ホルモンが分泌されにくくなるため、皮下脂肪や内臓脂肪が
蓄積しやすくなってしまうと言われています。


かと言って、閉経後は骨のことも気になりますね、骨粗しょう症です。ですから過度にアンバランスな
食事によるダイエットは危険です。


最近、閉経後にどうしても太り気味になってしまう方々には、脂質の摂取を控えて果物や穀類を積極的に
摂ると安全にダイエットが出来るという報告があります。


果物はそれ自体が甘いことが多く、女性には喜ばれる食べ物であることもダイエットを成功させる要因
にもなっているようです。


是非、閉経後の貴女もちょっとお肉などを控えて、その分、季節の果物などを多く摂るように
してみては如何でしょうか?きっとダイエット成功しますよ!

ダイエット後の注意点

美容整形や脂肪吸引手術後はダイエットは不要か?





美容整形や脂肪吸引手術をした後って、急激に脂肪を落とせるので大変気分も良くダイエットなんて
どこ吹く風という感じではないでしょうか?


しかし、油断してはいけません。脂肪吸引手術では確かにその後で脂肪細胞の数は減りますが
全ての脂肪細胞を取り去ったわけではないのです。


例えば、脂肪吸引により100個あった脂肪細胞の内30個を吸い取ったとしても、70個は未だ体内に残って
いるわけです。この、残りの70個の脂肪細胞は急激に大きくなって物凄く太ってしまうことは稀ですが
油断してダイエットをしないと個々の脂肪細胞は少しずつ大きくなります。


従って、美容整形や脂肪吸引手術後も、オーバーカロリーにならない程度に生活習慣をきちんと考えて
ダイエットする必要があるのです。

ダイエット後の注意点

ダイエット後の体重の維持の仕方





ダイエットに成功して喜んでいたら、いつの間に元の体重に!とほほ・・・という経験はないですか?
俗に言う「リバウンド」ですが、ダイエット後の体重の維持って難しいですよね。


どのようなダイエットをして来ましたか?過度なダイエットや偏食によるダイエットは以ての外です。
お豆腐だけリンゴだけ一生食べて続けていけますか?


ダイエット後の体重維持管理には、どういうダイエットをして痩せたかも関係してきます。
急激なダイエット例えば1ヶ月に体重の5%以上減量してしまった場合は、ホメオスタシスという体内の
生理的な現象が働き、外部からの栄養やカロリーを吸収しやすい体質になっています。


このホメオスタシスの影響を乗り越えるには頑張って少なくとも一ヶ月以上はダイエット後の
体重を維持してみて下さい。
そうすれば、身体はその状態が標準だと認識して、エネルギーの吸収量も落ち着きます。

ダイエット後の注意点

卒乳後のダイエットの開始時期





赤ちゃんを産んだけど、お腹のお肉や体重が戻らず、ダイエットをしたいと思っている新米ママは
沢山いらっしゃるのではないでしょうか?


でも食べ物を制限してカロリーダイエットをすると赤ちゃんへの影響も心配ですよね。
ですから、出産後のダイエットは赤ちゃんが卒乳後生理などが回復してからのダイエットが良いそうです。


その理由は赤ちゃんの卒乳後母体はまた出産の準備に取り掛かろうとします。その結果、生理が再開します。
生理が再開するということは、女性ホルモンのバランスが正常になってきたということで、ダイエットに
好都合な卵胞ホルモンが分泌されるようになります。


この卵胞ホルモンは生理中から生理後まで分泌されるので、そのタイミングでダイエットすると良いでしょう。
このように赤ちゃんの卒乳後生理が回復し、その生理中からダイエットを開始するのがbetterな方法です。

ダイエット後の注意点

ダイエット後の体重のキープ法





折角努力してダイエットに成功したのに、数ヶ月でリバウンド、しかも前の体重より増えちゃった、
なんて経験ありませんか?


では、どうやってダイエット後に体重をキープ出来るのでしょうか?その方法はいくつかあります。
まずは、頻繁に体重を計って食事の状態と体重がどのように変化するのか把握するようにしましょう。
そうするとどのような食事をすると体重が増えるのか、気を付けるようになります。


次にホメオスタシスを知りましょう。ホメオスタシスとは体内の危機管理をコントロールするシステムです。
急激なダイエット例えば1ヶ月に5%以上の体重減があるとホメオスタシスのスイッチがONになり、
食物からのエネルギー吸収力が高まったり、消費エネルギーを低下させたりします。
ダイエットの停滞期にみられる現象でもあります。
従って、一度減らした体重は何としても1ヶ月以上はキープするとホメオスタシスがその状態が基準値と
してリセットします。


ダイエット後の体重をキープする方法は他にもありますが、上記をまず参考に頑張ってみて下さい。

ダイエット後の注意点

ダイエット後の糖尿改善





ダイエットと糖尿病というのは、結構密接な関係があったりします。
ダイエット終了後糖尿病も改善していたという話は良くあることです。


これは、糖尿病に効果のある低カロリーで高蛋白質という食事療法が、そのままダイエットにも通ずる
食事でもあることが多いからだと思います。


また逆にダイエットというと低カロリーで適度な運動などを行うことから、糖尿病の改善にも有効で
あると思われます。


このようにダイエット後に糖尿病が改善する場合もありますが、怖いのはリバウンドです。


ダイエット後にリバウンドしその影響で糖尿病になってしまうこともあります。
そのようなことがないように、確実にダイエットを成功させるようにしたいものですね。

ダイエット後の注意点

ダイエット中に食べすぎ後の対策





ダイエット中なのに、宴会やパーティがあったりしてどうしてもついつい呑み過ぎたり食べ過ぎたりして
しまいますよね?自制心が弱い自分が嫌になったりすることは良くあることです。(笑)


ではダイエットしている最中の食べすぎ後はどのように対策すれば余分なカロリーを抑えることが出来る
のでしょう?


勿論、運動してカロリーを消費することも有効な手段のひとつですが、最近いろいろな企業が開発した
サプリメントやお茶などを利用して、脂肪や油を体外へなるべく排出するもの有効ですね。


例えば、キトサンなどのサプリメントは脂肪を包み込んで体外へ排出してくれる作用があるとも
言われています。また、柳茶やフェンネル茶などは脂肪の排出や有廃物の排出などに効果が
あると言われています。


このようにしてダイエット中の食べすぎ後の対策をすれば、ある程度オーバーカロリーを抑えることが
出来るでしょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。